パチ依存症克服

あなたは大丈夫?パチンコ・パチスロ依存症自己診断

投稿日:2017年10月31日 更新日:

重度?軽度?依存症チェックで確認してみましょう

 

パチンコ・パチスロ依存症は本人に自覚がないことが克服の妨げにもなっています。

普通の病気のように血液を調べたり検査をして診断されるものではありません。

またなんとなく気づいてはいても、誰にも相談できず症状を悪化させてしまうことにもなっています。

パチンコ・パチスロ依存症は時期が早ければ早いほど自分で克服できる可能性が高まりますので依存症チェックで今の自分がどのような状態なのか把握してみましょう。

 

パチンコ・パチスロ依存症チェック

記の項目を呼んでいくつ当てはまるか深く考えずに答えるようにしてください。

いくつあてはまったか数えてください。

 

・パチンコ・パチスロで負ける時は手持ちのお金を全て使うことが多い

・パチンコ・パチスロを打つために消費者金融などで借金をしたことがある

・パチンコ・パチスロを打つために家族や友人や恋人に借金をしたことがある

・パチンコ・パチスロを打つために会社のお金に手を出したり人の財布からお金を取ったりなど犯罪になるようなことをしたことがある。

・パチンコ・パチスロを打たなくても支払いや生活費などを除くとほとんどお金は残らない。

・そもそも生活費や支払いを考えると今の 収入では足りない。

・負けた時にもうやらないと誓ったことがある。

・親や兄弟がギャンブルで自分や家族に迷惑をかけている。

・妻(夫)や恋人のことを考えて家に帰りたくないことがある。

・年齢や先輩、後輩など上下関係を重んじる。

・とりあえず新台は打ってみる。

・勝ったお金で滞納していた支払いなどをしたことがある

・ ホルコンでの出玉調整や遠隔操作を疑ったことが複数回ある。

・ホルコンでの出玉調整や遠隔操作を疑った店にその後も打ちにいっている。

・打ちに行く店は、1店舗か2店舗でいつも決まっているホールだ。

・負けた時はパチンコ・パチスロ台の演出を見るためだと納得させようとしたことがある。

またはそう考えている。

・もうパチンコ・パチスロは 打たないと思った次の日に打ったことがある

・家族や恋人や友人にパチンコ・パチスロは打っていないと嘘をついたことがある。

・負けていても、「勝った」と嘘をついたり、「トータルでは勝っている」と嘘をついたことがある。

・辞めようと思っても止められないのは意志が弱いせいだと思う。

・自分の時間はほとんどパチンコ・パチスロに使っている。

・パチンコ・パチスロを打っている間は食事をしなくても平気だ。

・ パチンコ・パチスロを打っていて知人との約束をキャンセルしたことがある。

・おもにに打つのは1パチや5スロなどの低貸しだ。または普段はちがうがお金がなくても低貸しを打ちに行く。

・しばらくセックスレスだ。

・恋人や夫婦などしばらくハグやキスをしていない。

・ 負けた分をいつかは取り戻せると思っている。

・勝ちたいとは思うが、データを調べて店を調べたり台を調べたりなどは基本しない。

・パチンコ・パチスロが原因で悩んだことがある。

・電気ガス水道などライフラインが滞納で止まったことがある。

・海物語を打つ時は基本、海モードだ。

・5万円以上負けていて取り戻したことがある。

・家族や恋人がいる家や部屋に帰りたくないと思ったことが複数回ある。

 

以上で自己診断チェックは終了です 。

これに当てはまれば当てはまるほど重度の依存症の可能性が高まります。

比較的当てはまる項目が少なく軽度の依存症であればそれほど苦労なく克服は可能ですが、油断は禁物です。依存症は誰でもなる可能性があるので軽度のうちにしっかり対処すると良いと思います。

いくつ当てはまったか下の自己診断結果をみて今後に役立ててみてください。

 

 

いくつ当てはまった?自己診断結果

0個~4個の人

今のところ依存症の可能性は少ないでしょう。

ただ油断は禁物です。このまま続けるとパチンコ・パチスロ依存症になる可能性はあるので十分注意して下さい。

5個~9個の人

比較的軽度ですが依存症の可能性はあります。

中度、重度の依存症になるのは一気ですので、簡単に克服するには最初で最後のチャンスになります。パチンコ・パチスロを打つ時間を他の趣味や自分の時間にあててこれ以上依存症を進行させない努力が必要になります。比較的意思の強い人はここで食い止めることはできますが、意思の弱い人は何も対処しなければずるずると進行していきます。

10個~17個の人

中度の依存症の可能性が大です。

ここまで来ると生活などに支障が出始めると思います。

きちんとした対処をしなければならないレベルです。

本人が依存症と気づかなくても、このままではいけないと気づけるレベルですので、ここで何とか克服し重度の依存症にならないようにしなければいけません。

18個~33個の人

重度のパチンコ・パチスロ依存症の可能性大です。

生活やお金の面でかなり支障も出ているでしょうし、精神面でも色々な部分で問題を抱えていると思います。

ここまで来ると ほとんどの場合お金の面で問題を抱えていることが多いので、犯罪などをしてしまうことに注意しなければなりません。

また本人がどうにかしたくても自分自身の意思ではどうすることもできない状態になっていると思います。

家族や知人に理解をしてもらえるのなら協力してもらったり、病院やギャンブルを克服するための団体の助けを借りることが必要になってくると思います。

自覚はあっても、どうにかしようとは思わないという場合も多いので、いち早く自分自身がパチンコ・パチスロ依存症だということを自覚し、克服に向けて行動することが大切です。

 

いかがだったでしょうか?

どんな状態でもまずは自分の置かれている状態を理解することが大切です。

まだパチンコ・パチスロ依存症ではなかったり軽度の場合でも、重度になる可能性は誰でもありますので、ここで油断せずしっかり管理することが大事だと思います。

また中度、重度の診断結果だった人は、まずしっかり自分のことを理解して、諦めずパチンコ・パチスロ依存症の事をしっかり理解して克服に向けて行動していかなければなりません。

パチンコ・パチスロで失った時間やお金は確かに大きいかもしれませんが、このまま放置するともっともっと大きなものを失うことになります。

ここでしっかりくいとめて大切な自分を取り戻して欲しいなと思います。

私はこの診断結果で言うと33個の項目が全てチェックが入るような重度の依存症でした。

しかも自分では依存症だということを認めず、依存症のことを理解しないでいたので、色々なものを失いましたし克服するのに物凄い苦しみました。

しかし依存症のことを理解し自分のことを理解して克服に向けてしっかりと行動していき、今では幸せな日々を送らせていただいています。

その私が克服できた方法を今現在まとめています。完成まではもう少しかかりますが、完成の折にはこのブログで紹介させて頂きますので 、今苦しんでいる人はもう少しだけお待ちください。

-パチ依存症克服

Copyright© パチンコ・パチスロ依存症を自分ひとりで克服する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.