パチ依存症克服

パチンカス(依存症)の人が求めているのは興奮ではなく安心感

投稿日:2017年9月16日 更新日:

 

パチンコ・パチスロは短時間でお金を得られたり大当たりの時の興奮がやめられない原因と思われがちですがそれだけではなく「安心感」も大きな要因の一つです。

むしろ興奮より安心感の方が大きいかもしれません。

パチンコをやっている人の脳内物質の状態を 調べて実験した結果があります。

その結果は大当たりの時、脳は安心感を得られる物質が出ています。

依存症はむしろ興奮より安心感を求めていることが依存症克服を難しくしている事がわかります。

 

 

パチンコ・パチスロを打っているときに脳で起こっている事

まずリーチがかかると脳は「大当たりするかもしれない」と「アドレナリン」を放出します。

そしてそのリーチが大当たりすると「βエンドルフィン」という物質を放出します。

アドレナリンが放出されると心拍数が上がり体が興奮状態になります。

そして大当たりした後に脳に放出されるβエンドルフィンがでると安心感、安堵感に体は包まれます。

このβエンドルフィンは「脳内麻薬」 と言われるもので体を落ち着けたり、ほっとしたり痛みを和らげたりする効果があります。

わかりやすい話しで言うとマラソンなどで長時間走り続けている時、体が痛みや疲労感を感じてくると脳はこのβエンドルフィンを放出して痛みや疲労感を和らげてくれます。

走り続けてる間はβエンドルフィンが放出され続けますがある時点から「快感」に変わります。

これが俗に言う「ランナーズハイ」というやつです。

一度「ランニング」や「マラソン」にはまってしまうと、やり続けてしまうというのはβエンドルフィンの影響が大きいと言えます。

パチンコ・パチスロ依存症の人は同じくこの脳内麻薬「βエンドルフィン」を脳が欲していておこる精神疾患と言えます。

アドレナリンやβエンドルフィンなど脳内物質は放出されてすぐに全身に駆け巡るのではなく一度受容体に放出されます。

そして血液に運ばれ全身を駆け巡っていくのです。

その受容体は放出されればされるほど、どんどん大きくなっていきます。

一度大きくなった受容体は小さくなりません。

脳は受容体にβエンドルフィンが足りなくなってくるとそれを求める指令を出します。

パチンコ・パチスロ依存症の人はこの受容体が大きくなっています。

受容体が大きいと脳は「足りない」と感じる頻度が増えるためこれを求めてどんどん指令を出し続けます。

人間が生きていくためには脳が全て指令を出しています。

脳が全て体を支配して行動やそれらを動かしていると言っても過言ではありません。

パチンコ・パチスロ依存症の人が自分の意思でパチンコパチスロを辞めようと思っても止めることができないのは このためです。

 

 

自分を責めないで

 

よくパチンコ・パチスロをやらない人が「なぜ負けると分かっていて打ち続けるの?」とか 借金をたくさん作ってしまい、家族に「もうやらない」と約束しても、少しするとまた以前の様にパチンコパチスロに通い続けてしまう のもある種、しょうがない事であり必然でもあります。

意志が強い弱いとかダメ人間クズ人間とか関係なく一度依存症になってしまうと 、どんな人であっても自分一人の意思では、ほぼどうすることもできないのです。

「βエンドルフィン」は脳内麻薬だとか脳内モルヒネと言われます。

鎮痛効果で言えばモルヒネの数倍の効果 あるらしいです。

脳内麻薬というので、なんだか少し怖いように思いますが、人間が生きてく上で大変重要な物質になっています。

「ほっとする」「落ち着く」「安心感」は 生きてく上で非常に重要な一つです。

常に興奮状態、危険な状態、痛みのある状態では生きていくことができないので脳がこれを求めるのは避けられないことです。

他にも「ノルアドレナリン」「セロトニン」等、 脳内物質や神経伝達物質がありますがこれらを制御して生きてく上でバランスよく 働かせるのですが、依存症の原因としてこれらの物質の異常分泌が大きく関わっています。

「意志が弱い」「だらしない」とは別次元の話です。

依存症はれっきとした 脳や神経の病気なのです。

ですのでパチンコパチスロ依存症の人は 絶対に自分を責めないでください。

今の状況を自分のせいにしないでください。

治療の方法には精神科やメンタルクリニックといった病院もありますが、パチンコ・パチスロのことをよく分かっていない医師やカウンセラーが多く解決に至らないことも多いです。

また家族など周りの人にフォローしてもらいながら克服するのもとても効果的なのですが上記の通り依存症に関しての理解は少なくなかなか周りに言えず 、また意を決して他人に相談したとしても反感や怒りを買って解決に至らないという悪循環に陥ってしまうのも問題の大きさの一つです。

 

これを書いている私も重度の依存症でした。

本当に周りに迷惑をかけましたし自分自身を攻めて身も心もボロボロになりました。

そんな私がたった一人で依存症を克服し、今現在では充実した毎日を送っています。

そして、自分が少しでも力になれればと、私の周りやその知人などを依存症の苦しみから救い出した方法を現在作成中です。

完成の折にはすぐにこのブログで紹介しますので、パチンコパチスロ依存症を何とかしたいと思って今これを読んでいる方はもう少しだけお待ちください。

 

必ず、「パチンコ・パチスロ依存症」は克服できます。

必ず自分自信を取り戻して充実した毎日を送ることができると思います。

 

-パチ依存症克服

Copyright© パチンコ・パチスロ依存症を自分ひとりで克服する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.