パチ依存症克服

パチンコ・パチスロ以外で脳汁を出す方法

投稿日:2017年9月25日 更新日:

よく, パチンコ・パチスロ「脳汁」 が出ると言いますが、これは一体何なんでしょう?

 

熱いリーチのときや激しい音やギミックで当たった時などによく言われますね。

 

リーチの継続や保留玉の変化、役者のギミックなど、音と光で、大当たりを示唆し脳は興奮状態になります。

 

この時に脳では、興奮物質の「アドレナリン」がたくさん出ています。

 

これが脳汁の正体の一つです。

 

脳汁=アドレナリン(興奮物質)

 

そして大当たりの最中や、大当たりの直後は「βエンドルフィン」という物質が出て 安堵感や安心感、快感が訪れる様になっています。

 

この繰り返しがパチンコ・パチスロ依存症の原因の一つにもなっています。

 

また、パチンコパチスロ依存症の人が、依存症克服するために、禁パチ をしても、長く続かない・・・。という大きな要因にもなっています 。

 

依存症はこれらの神経伝達物質の異常分泌による病気ですが、分泌された後、その物質を受ける受け皿(受容体)があるのですが、非常に多くの分泌があるため、自然とその受け皿も大きくなっていきます。

 

そして一度大きくなった受け皿(受容体は)二度と元の大きさに戻ることはないのです。

 

普通の人より、受け皿が大きいため脳は 分泌が足りないと勘違いし、分泌を促すような行動をとるように命令を出しています。

 

パチンコ・パチスロ依存症の人は 分泌を促す様な命令を出された時に、

 

必要な神経伝達物質を分泌する=パチンコ・パチスロ

 

になっているために、パチンコ・パチスロを辞めようと思っても、なかなかやめることが難しいのです。

 

またそれでも、 固い意志で行かなかったり、軍資金がない、忙しいなどの理由で物理的に行けない場合は、うつ状態になったり、イライラしたり、集中力が切れたり、体がだるくなって動けなくなったり・・など、様々な症状が、心にも体にも現れてきます。

 

多くのパチンコ・パチスロ依存症の人が依存症を克服するために色々なことを頑張っても失敗してしまうのはこのためです。

 

依存症を克服するためにはこの問題をケアするのがとても重要になってきます。

私は重度の依存症を克服しましたが、何も知識がない時に考えずに禁パチをし、 この問題には大変苦労しました。

 

周りの人に迷惑をかけては反省し、「もうパチンコ・パチスロは打たない」と誓いパチンコ・パチスロ打ちたくても我慢し、借金がどんどんどんどん膨らんで、返済金のためにバイトをいくつも掛け持ちをして物理的に打つ時間がない様な状態でも、何もケアをしていない私は、確かにパチンコ・パチスロは打ちませんでしたが 、イライラしたり、逆に何もやる気がなくなったり、体のだるさからもっともっと無気力になり、仕事を休んだり、食事をしなかったり、という 体も精神もパチンコ・パチスロを打っていた時よりもひどい状況に陥りました。

 

なんとか復活して普段通りに戻ってもせっかくやめていたパチンコ・パチスロにまた戻ってしまうという悪循環を繰り返していました。

 

今、パチンコ・パチスロ依存症で苦しんでいる人もこうなっている人は多いのではないでしょうか?

 

そんな中、色々調べ、考えてパチンコパチスロ依存症を克服する方法を確立しましたが、その時に行なっていた一つ でアドレナリンの分泌をコントロールしなければいけないのですが 、私がやったアドレナリンを出す方法をいくつかあるちの二つを紹介したいと思います。

 

 

 

ランニング

 

自慢ではありませんが、自分は長距離は本当に苦手です。

 

最初はウォーキングから始めました。

ウォーキングと言うよりも散歩です。散歩も十分、脳や体にとっては良いことなのですが、最初は家の周りを10分くらい、それが少しずつ距離が伸びていき、時間も20分30分と伸びていきました。

 

暖かい時期なんかは、うっすらと汗をかいてくるので家に戻ってきたとそれが気持ちよかったりもしたのですが、しばらくそれが続くとなんとなく走り出したい衝動に狩られたので少しだけ走ってみました。

 

それも繰り返しているとだんだん走る距離が長くなっていき、ある時、走るのが苦しいのを少し我慢していると どんどんそれが気持ちよくなるのを感じます。

 

我慢が気持ち良いと言うよりも、我慢の少しだけ先に気持ち良さが待っているので、「その気持ちよさにたどり着きたい」という感覚になり、その感覚を追いかけるときには体や気持ちが興奮していき、この時にアドレナリンが出ている感覚です。

 

また走る距離が伸びれば伸びるほど、苦しさがきついほどその少しだけ先にある気持ち良さも大きくなっていきます。

 

マラソンの選手なんかがよく言う「ランナーズハイ」に近い感覚何だと思います。

 

ポイントは、無理をせずに最初は散歩から始めたことです。

 

いくらアドレナリンを出すと言っても最初からランニングをしていれば、辛さや苦しさの方が先に立ち、続けることができずに終わっていたと思います。

 

気持ちが良いとか気分が良いということを大事にして徐々にその気持ちを大きくしていったのがよかったのかなと思います。

 

筋トレ

 

これも上記の「ランニング」につながることですが、腕立てや、腹筋など、自分の決めた回数やセット数を最初は無理がない様に設定するのが大事です。

 

体力や筋力は個人差がありますので、最初のうちは本当に 続けられる回数や時間を考えて設定します。

 

例えば、腕立て5回、腹筋10回・・時間にして1分ぐらいとかでも構いません。

 

後、コツとしては日々の生活の中で必ず行うことの前か後ろにやる様にすると継続しやすくなります。

 

例としては「シャワーの前後」 「歯磨きの前後」などです。

つまりいつもやることとワンセットにしてしまえば良いのです。

 

そして継続していくと最初に設定した回数や時間などでは物足りなく感じていきます。

その時に少しずつ苦痛を感じない程度に増やすようにしていきます。

 

ここで少しでも苦痛を感じる程増やしてしまうと継続しなくなってしまいますし、後にアドレナリンも出にくくなりますので注意して下さい。

「もーちょっといけるのにな」「まだできるな」と言う感覚でオッケーです。

この感覚で何日間か続けていると我慢が出来なくなってきます。自分で自分を焦らしている感覚になると思います。

 

こうなった時に、自分ができるギリギリのちょっと手前の回数、セット数を設定します。

 

そしてギリギリの回数、セット数をこなせる様になった時に、初めて自分の限界までやってみます。

 

「もう限界」となった時にあと一回だけまたは1セットだけやってみます。

 

そうですこの「もう限界」を越えたところにアドレナリン分泌ポイントがあります。

 

早い人で2週間もあればアドレナリンが出る感覚が分かると思いますし、はっきり言ってパチンコ・パチスロで 激アツリーチやキュインキュインと鳴る大当たりよりも、アドレナリンは出ます。

 

筋肉をつけるための筋トレの方法とは間違っているかもしれませんが、筋肉をつけるためのことではなく、あくまでも、パチンコ・パチスロ依存症を克服するための方法です。

 

 

と、今回は二つの紹介をしました。気が付いている人もいると思いますが、パチンコ・パチスロも似ている部分があります。

 

走っていて苦しみや辛さの少し向こう側に気持ち良さ(アドレナリン分泌ポイント)があるように、パチンコ・パチスロも 大当たりがなかなか来なく投資がかさみ、「お金がどんどんなくなる寸前(限界)」と追い詰められた精神状態の少し向こう側に、大当たりや連チャンがあったり、長いリーチや何度も外れる激アツリーチで焦らされてその向こう側に大当たり(アドレナリンやβエンドルフィン)が待っています。

 

アドレナリンやβエンドルフィンなど神経伝達物質は人間が生き延びていくために必要なものです。

 

本来は必要な状況、場所、行動などに応じて必要な神経伝達物質が使われます。

 

パチンコパチスロ依存症の人はそういった時よりも、パチンコパチスロの時に異常に分泌させられているという状態になっています。

 

依存症克服するためにはこれらをコントロールしていかなければ絶対にうまくいきません。パチンコ、パチスロに行かない。といった意識だけではどうにもならないのです。

 

私がパチンコパチスロ依存症で苦しんでいる時にも 何も考えずに、意思や気合いだけでなんとかしようとしていて、何度も失敗しました。

 

そんな私がパチンコパチスロ依存症を克服した、方法を急ピッチで作成中です。

完成した折にはこのブログでいち早く紹介しますので、この記事を読んでいる方で今、苦しんでいる方はもう少しだけお待ちください。

 

さらに詳しく記事更新しました⇒「パチンコ・パチスロ以外で脳汁を出す方法2

 

-パチ依存症克服

Copyright© パチンコ・パチスロ依存症を自分ひとりで克服する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.