みんな大好き?確率の話

みんな大好き?確率の話ー7ー

投稿日:

前回は、数字選択式宝くじのナンバーズの当選確率を用いて、確率の話をしましたが今回は私を含めて、これを読んでいる皆さんを苦しめたパチンコの大当たり確率を用いて確立の話をしていきます。

なぜ、こんなにも勝てなかったか、確率論で考えると少しは見えてくるはずです。

 

パチンコの初当り確率

 

とにもかくにも、まずは大当たりを引かないことにはどうにもなりません。台によって大当たり確率は違いますが、今現在の大きな主流の初当りを引ける確率は約1/320位と甘デジといわれる約1/100の台が多いようです。当然、確率分母が少ない方が大当たりは、しやすいことになります。

ではわかりやすいように、大当たり確率が約1/100の台について考えてみましょう。

パチンコの大当たりは、玉がスタートチャッカーに入った瞬間「乱数」という値を生成します。この乱数をわかりやすく説明すると0~65535の値が高速移動していて、玉がチャッカーにあるセンサーが通過した時にその値が生成した値になります。

この値が、大当たりの値だと演出などを経て液晶などで数が揃い大当たりが始まるという事です。

計算すると65536(乱数の値の数)÷656(大当たりの乱数の値の数)=99.902・・・

乱数の値、65536に対して大当たりが656個ある台で、大当たり確率約1/100の台になります。

台の仕組みはここまでにして、この約1/100の台が何回転すれば、どの位の確率で大当たりするか、確率論で考えてみます。

 

何回転で大当たりするのか

 

では、1/100の大当たりが、打ち始めて10回転以内で当る確率を計算してみましょう。実際にパチンコ屋で打った場合、台に座って、500円で大当たりが来る感じでしょうか。

計算式は以下のようになります。

0.99の10乗=約0.9043

一回転ごとの大当たりの確率が1%、当りで99%がハズレという事です。ですので1から0.01を引いた0.99が10回あるということなので、0.99を10乗します。その答えを1から引いてあげれば、おのずと答えは出ます。

1-0.9043=0.0957で957/100000、0.957%の確率

つまり100回パチンコ屋に行き、甘デジを打って1回あるかないかの現象という事になります。週に3、4回打ちにいって一年に一回あるかないかということですね。

しかもこれは数学的確率です。大数の法則の考え方で、確率が偏れば、何十年もパチンコを打って500円で大当たりを引けたことがないということも十分に考えられるのです。

いくら、大当たりしやすい甘デジでも10回転で当るのは、あまり現実的ではないようです。では確率分母である100回転以内に当る確率はどうでしょうか。

確率が1/100ですので100回、回せば当るような気がします。

計算式は以下のようになります。

0.99の100乗=約0.364

1-0.364=0.634で634/10000、63.4%の確率

びっくりですね。100回転回せば当るような気がする大当り確率1/100の甘デジも、10回打てば3、4回は100回転以上回さないと大当たりが来ないということです。1,000円あたり20回転するとしたら100回転するには、5,000円かかります。ということは、10回に3、4回は初当りするまでに5,000円以上かかるということです。

 

まとめ

 

もっと詳しい計算をするとさらに、勝てないことがわかるのですが、複雑になるので今回は割愛します。計算結果を見て何となくイメージできればOKです。1/100の甘デジでもこの確率なので、1/320の確率だともっと低くなるのはわかるはずです。

上記では1,000円あたり20回転で計算しましたが、最近はどのパチンコ屋もそんなに回らないようです。となれば100回転回すには、もっとお金がかかってきます。使うお金が多くなれば勝つ金額も少なくなります。

また、パチンコ依存症の人は手持ちのお金が少なくなっても、なくなるまで打ち続けます。手持ちが少なければ大当たりを引ける確率は低くなります。それが続けば・・・わかると思いますが、負けが続いていくというスパイラルになります。

単純に言えば、1,000円あたり20回転する同じ台に座るとして、軍資金が5千円の時は、初当たりする確率が約63%ですが、1万円の時は約87%です。どちらが有利かは明らかですね。

なかなか、大当たりが引けず財布の中身が3千円となったとしても、パチンコ依存症の人は打つと思います。普通はそうなる前にホールを後にしますが、依存症の人はそうはいきません。私もそうでしたからわかります。

その3千円で甘デジを打ったとしても、初当りの引ける確率は約5割です。これが続けば負ける金額が増えるのは時間の問題という事です。

プロはもちろんの事、パチンコを趣味で打つような人に比べても、パチンコ依存症の人は分が悪い勝負をし続けているという事が、確率論で考えても明らかだったということですね。

 

 

 

 

ランキング参加中です。よろしくお願いします

↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

-みんな大好き?確率の話

Copyright© パチンコ・パチスロ依存症を自分ひとりで克服する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.