Another Abes' room (エッセイ)

パチンコ依存症の苦しみの正体を突き止めた

投稿日:

私はブログを書いていない時も、twitterでつぶやいていない時も、毎日パチンコ依存症・パチスロ依存症に関係あるツイートや、現在克服に向けて進んでいる方のツイートやブログを拝見させて頂いています。

そんな中苦しんでいる人が多いなと感じますが、パチンコ依存症・パチスロ依存症は一筋縄では克服できません。

私自身も同じでしたので気持ちはとてもよくわかります。しかし苦しむのなら克服に向けて一歩でも先に進める苦しみじゃないといけません。

基本的に人間は、一時的に苦しみを我慢する事は出来ますが、「嫌な事」「我慢する事」を続けていくことが出来ないようになっています。

今回は、毎日がt辛くて苦しい方のツイートやブログを見た感想を少しだけ書いてみます。

 

なぜ自分は不幸なのか?

想像してみて下さい。あなたは無記名のアンケートに答えているとします。そこにはこんな質問が書かれていました。「あなたは幸せですか?不幸ですか?」「あなたの長所と短所をそれぞれ書いてください」

ほとんどの人は不幸だと答えるでしょう。不幸だと答えないにしても、自信をもって「幸せだ」と答える人は少ないのではないのでしょうか。

そして短所が先に頭に浮かんだでしょうし、長所は短所に比べると中々浮かんでこなかったはずです。浮かんだとしても自信をもって「これが私の長所です」という答えが出てこなかったはずです。

なぜ苦しくつらい毎日?

きっと「幸せ」か「不幸」かを考えた時、あなたは「比べた」はずです。周りの知人、友人などパチンコ依存症・パチスロ依存症ではない「普通の人」と。もし違うのであれば自分の過去に思い描いた「理想の自分」と比べたのではないのでしょうか。

そして「長所」や「短所」を考えた時も同じく「比べた」はずです」「仕事が遅い」「運動が苦手」「計算が苦手」「容姿が悪い」などたくさんの短所を思い浮かべたと思いますが、知らず知らずの内に誰かの顔が浮かんでこなかったでしょうか。なかなか思い浮かばなくてせっかくひねり出した「長所」も自分より優れている人が思い浮かび、自信をもって言えなくなっているのではないでしょうか。

苦しみの正体

このように他人と比べたり、過去の自分が思い描いた理想の自分と現在の自分を比べると、その差で自分は不幸だと思ってしまいますし、自分には長所はないと思ってしまいます。

これだけで嫌な現実ですし、そのギャップを我慢して生活しなければいけません。

先に書きましたが人間は「我慢したり、嫌なこと」を続けられないようにできています。これは本当で、どんな人も何かでバランスをとって生きていて、このバランスを大きく超えた時に病気になったり最悪は命を失ってしまうのです。

それがが続けば不幸と感じますし、そんな自分の長所を見出せなくなってしまうでしょう。

これが苦しみの正体です。

苦しみが続くのは

色々な方のツイートやブログを拝見させていただいた時に、「あれ?この人スリップしそうだな・・・」とか「前向きなこと書いてるけど本当はいつもより後ろ向きだな」と感じる時があります。そう感じたときは高い確率で数日後にパタリとツイートが止まったり、翌日にはネガティブなツイートをしていることが多くあり、「そんな無理しなくても・・・」と思っていました。

苦しみが続くのは、簡単にいうと「現時点でできないことをする」からです。

もっと噛み砕いていうと辛くなるのは、私が「イチロー選手のようになりたいから全く同じトレーニングをすればメジャーにいけるはず」と思って毎日トレーニングをする事と同じです。年齢を抜きにしても、まずそのトレーニングが出来る筋力・体力がない私が、イチロー選手と同じトレーニングが出来るわけがないのです。「辛くて」「苦しくて」一日ももたないでしょう。

毎日、辛くて苦しい、自分を不幸だと思っている方は私から見ると、これと同じことのように感じてしまいます。

まとめ

パチンコ依存症・パチスロ依存症を克服する為には、辛さも伴います。これはどうしても避けられません。お金の面や精神面での辛さは、依存症ではない人にとっては理解出来ない苦しみです。

しかし、乗り越えられない辛さや苦しさではないのです。今、得体の知れない辛さや苦しさを抱えている方は、この比べる」ということを外すだけで辛さや苦しみが半減します

他人や過去に思い描いた理想の自分と比べずに、今現在の自分と向き合ってみて下さい。

そうすると「昨日の自分より成長した今の自分」ではなく、「より良い自分に一歩近づいた自分」が見えてくるはずです。その方が苦しまなくていいですし、ワクワクして毎日を過ごせます。昨日より成長を感じられなければ不安になりますが、より良い自分に一歩近づく自分を感じると、立ち止まってもそれは単なる休息と感じる事ができます。

登山をしている時に疲れて立ち止まり「1時間歩いてもまだ2合目位か・・・」と思うと辛くなりますが、自然を感じながら「頂上の景色を見るため少しずつ近づいている」と思ったほうが登山中もワクワクできるはずです。

 

ランキング参加中です!応援宜しくお願いします。

↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

-Another Abes' room (エッセイ)

Copyright© パチンコ・パチスロ依存症を自分ひとりで克服する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.