パチ依存症克服

負けず嫌いで苦しむなら

投稿日:

負けず嫌い”パチンコ・パチスロ依存症の人の中にはこの性格の人が結構多いです。

ひとくちに負けず嫌いと言っても内に秘めるタイプの人がいたり表向きにどんどん外部にその性格を出す人がいます。

この性格が良く出れば何事にも諦めず目標に向かって立ち向かっていき良い結果を得るという風になりますが、いつも何も考えずに負けるのが嫌で勝つまで向かって行き 結果、勝てずに終りいつも苦しい思いをするというような人も結構多いと思います。

このように負けず嫌いという性格は諸刃の刃です。

使い方を誤ると知らず知らずのうちに自らを傷つけてしまったり苦労したりとかえって不幸になってしまう危険性をはらんでいます。

今回は負けず嫌いに関して書いてみたいと思います。

 

 

負けず嫌いの落とし穴

プロスポーツ選手などのアスリートはこの負けず嫌いという性格が強いと思います。

結果が全てのプロスポーツの中では負けず嫌いでなければアスリートとしては 成功できません。

女子レスリングの吉田沙保里選手は四連覇がかかったリオデジャネイロオリンピックで決勝で負け惜しくも銀メダルという結果に終わりました。

この時の試合後に吉田選手は「たくさんの方に応援していただいたのに銀メダルに終わって申し訳ない。日本選手(団)の主将として金メダルを取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」と人目もはばからず泣きながらこう答えました。

我々見ている側からすると金メダルを3個とっていることもすごいですし、誰も吉田選手を負けたからといって責める人はいないと思います。

もちろん周りのスタッフや日本中で期待して見てくれている人に対して感謝の言葉として「ごめんなさい」とは言っていますか、本人はやはり負けた事に関してものすごく悔しかったんだと思います。

他にもメジャーリーグで活躍するイチロー選手、田中将大選手やサッカーの海外リーグで活躍する本田圭佑選手など多くの結果を残しているアスリートは負けず嫌いの性格を持っています。

ただ、華やかな結果や活躍している場面などが目立ちますが、ほとんどの成功しているアスリートの選手も 多くの挫折や負けを乗り越えて今私たちが目にしている結果を残しています。

負けず嫌いの性格だからこそ結果が残せているんだと思います。

 

女性の負けず嫌いは損

勝ち負けだったり個人の成績を残すためには必須といっても過言ではない”負けず嫌い”の性格ですが、この性格であればすべてうまくいくという事ではありません。

むしろ負けず嫌いという性格がゆえに苦しんだり損をしたり無駄に傷ついてしまう場合も多いのです。

それは負けず嫌いが故に闇雲に負けた相手や事柄に向かっていきまた同じパターンで負けてしまったりでその人やその事柄に負け続けるという事が非常に多いです。

結果が残せている人はほぼもれなくなぜ負けたのかなぜ上手くいかないのかを分析し勝つためにはどうすればいいのかしっかり準備してから次の勝負に挑みます。

その結果負けて悔しい思いをしても次に結果を残せたり勝つことができるのです。

特に女性の相談者様で多いのですが、「仕事の事で男性に負けたくない」「私と同期には負けたくない」「女性だからといってひいき目で見られたくない」という思いが強すぎて、その気持ちだけ仕事をするので無駄に消耗し疲れてしまったり悩んでしまう事は非常に多いです。

パチンコ・パチスロ依存症の方は思い当る節があると思いますが、投資金額がかさみ負けが込んできて、わかっていてもどんどん投資してしまい財布の中にはお金が残っていない・・・という事は経験されていると思います。

 

自分の世界で勝負しよう

いくら素晴らしい結果を残しているアスリートでもその競技以外では結果を残す事はできないと思います。

イチロー選手も野球では素晴らしい結果を残していますがバスケットボールでは結果を残すのは難しいと思います。(イチロー選手の事ですからそれなりにこなすとは思いますが)

「男性には負けたくない」という気持ちは大切ですが、男性と同じ方法やそのフィールドで勝負するのは意味が無いと思います。

大切なのはその本人の達成感や結果です。

男性のフィールドでそのまま立ち向かうよりは、女性ならではの視点や仕事のやり方で、もっといえば性別関係なくあなた自身の良さを生かして努力するという事が大切だと思います。

人間は千差万別、十人十色ですあなた自身の生き方考え方が大事なのです。

その上で結果で勝つことができ、苦しんだり傷ついたりしなくても良いのです。

人それぞれ性格や特性が違いますし性別でも違います。

大切なのは比べるのでなくあなた自身が納得できるかだと思います。

他の人の世界でで勝負するのではなく自分の世界”My World”の中で輝く事だと思います。

 

努力は不要

「ギャンブルで負けた」「テストの成績であの人に負けた」「あの人に営業成績で負けた」等々負けて悔しい思いをする事はたくさんあります。

「次は勝つぞ」と意気込んで向かっていくという気持ちはとても大切ですが、なにも考えず気持ちだけで立ち向かっても結果は中々でないと思います。

負けず嫌いの人はそれでも立ち向かい、また負けてそれでもまた・・・。

という人が多いと思います。

そうしている内に身体も心も消耗して結局結果がでないままそれを繰りかえしていくという感じですね。

どんなに一流のアスリートでも成功者でも負けたり思うような結果が出ない事はあります。

しかしそういう時は一度立ち止まり結果を分析して勝つためや結果を残すための準備をしてから立ち向かいます。

その積み重ねで勝ったり結果残す事ができるのです。

負けた時や結果が出ない時と同じ状態で向かっていっても結果は以前と同じ可能性が高いです。

負けず嫌いという気持ちは大切ですが、次に立ち向かう時には準備をしてから立ち向かうという事が大切なのです。

日々全力で頑張ったり努力しても結果が出なかったり、消耗していませんか?

そんな時は一旦立ち止まり心も身体正しい準備をしてから挑むと結果は自ずと変わって来るはずです。

この事については中野信子著の”努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本 ”がわかりやすく載っているのでおススメです。

リンクは貼っておきますので興味のある方は読んでみて下さい。

 


努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本

 

 

まとめ

パチンコ・パチスロ依存症の人だけではなくほとんどの人が人生平坦ではありません。

なにかあってもそれに立ち向かっていく負けず嫌いな性格は必要な事です。

ただ結果を残せている人は正しい道筋で頑張ったり努力しています。

負けず嫌いで努力家でという人はただ闇雲に努力して立ち向かい、疲れてしまったり消耗している人があまりにも多いなと感じます。

せっかく良い性格なのですからそれを生かしてパチンコ・パチスロ依存症を克服し幸せな人生を手に入れてほしいなと思います。

 

 

 

私は”負けず嫌い”って人は下のボタンを押してみて下さい

↓ ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

-パチ依存症克服

Copyright© パチンコ・パチスロ依存症を自分ひとりで克服する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.