Another Abes' room (エッセイ) パチ依存症克服

なぜ借金してパチンコ・パチスロ打ってはいけないか

投稿日:

 

パチンコ・パチスロ依存症のほとんどの人が経験してると思われる行動の一つ「借金をしてパチンコ・パチスロを打つ」という行為ですが、以前の記事で、確率的にいかに、不利な状況になるということは書いています。

↓ ↓

借金をして打つと勝てないだけではなく、精神的な部分でも相当なダメージを負いますし、仕事や生活でも相当なマイナスになります。

勝ち負けの部分だけではなく、お金以外のマイナス面も非常に大きいのです。

今回は確率など数値的なことではなく、なぜ借金してパチンコ・パチスロ打ってはいけないかを書いてみます。

 

ギャンブルとは・・・・

 

言うまでもなく、パチンコ・パチスロはギャンブルです。表向きは遊戯などと、言っていますが、打ち手は最終的に金品を求めて、お金をかけています。

Wikipediaでギャンブルを調べてみると、

”ギャンブル→賭博⇒金銭や品物などを賭けて勝負を争う遊戯のことである。金銭や品物などの財物を賭けて、(偶然性の要素が含まれる)勝負を行い、その勝負の結果によって、負けた方は賭けた財物を失い、勝った方は(なんらかの取り決めに基づいて)財物を得る、と言う仕組みの遊戯(ゲーム)の総称である。

というふうになっています。

この中で、”金銭や品物などの財物を賭けて、(偶然性の要素が含まれる)勝負を行い、その勝負の結果によって、負けた方は賭けた財物を失い、勝った方は(なんらかの取り決めに基づいて)財物を得るという、この部分を、パチンコ・パチスロに置き換えると、負けると当然お金を失います。勝った方は出玉に応じて、その金額を得ることができます。そしてそれを決めるのは、”(偶然性の要素が含まれる)勝負”です。

借金をせずにギャンブルをするお金は、普通その人が働いて得たお金です。

月給や時給、つまり時間や能力、労働をお金に変えたということです。そしてそのお金は通常、時間や能力、労働をした後に得ることができます

分かりやすく言うと、時給1,000円の人が1万円の勝負をするとなると、自分の時間10時間と能力、労働と引き換えに、それ以上の金額を得るために(偶然性の要素が含まれる)勝負をするということです。

価値観は人それぞれですのでこれを、悪いことだとは言いません。台の前に座り、数字が揃い、玉が出てきたりメダルが出てくるのを、その時の金額の価値があるとその人が思えば問題はないと思います。

もっと言えば単純に1万円の価値は人それぞれです。年収一千万円の人の1万円の価値と、年収二百万円の人の1万円の価値は感覚的に違うということです。

時給1,000円の人が1万円稼ぐとなると、10時間、自分の大切な時間と能力と労働力を会社に提供し、神経を使いストレスや疲労と引き換えたものが、1万円になります。年収一千万円の人も同じく、自分の価値と引き換えにお金を得ていますが、単純に1万円を得るための時間は違います。

話を戻すと、その自分の時間や能力や労働力、ストレスや疲労と引き換えに、生活をしたり、人生を楽しんだりできるわけです。

パチンコ・パチスロを打つということは、(偶然性の要素が含まれる)勝負を行い、その勝負の結果によって、負けた方は賭けた財物を失い、勝った方は(なんらかの取り決めに基づいて)財物を得る、と言う仕組みの遊戯(ゲーム)に自分自身を賭けているということです。

 

 

借りを作ると幸運は逃げていく

 

借金をして、パチンコ・パチスロを打つということは、まだ引き換えていない自分自身を前借りするということです。

当然、負けるとお金は失いますが、失っているのは本来得るはずだった、生活や自分自身を失ったということです。そしてその借金を返済するという事は、失ったものに対して自分自身を提供するということです。

何もないものに対して自分自身を提供する。そこに、価値や喜び、幸せはありません。

借金をしてギャンブルをしていいのは、100%勝てる時だけです。当たり前ですがそんな勝負はありません。

借金をした1万円で、偶然性の要素が含まれる勝負を、挑む価値はあるのでしょうか?

考えれば大半の人はないと答えるはずです。

勉強するための借金や自分自身を磨くためにする借金や車や家などを購入するための借金は、ギャンブルの借金とは違います。自分自身の質や価値観に対して借金をするのは、自分自身にレバレッジをかけるということです。自分自身の価値を上げるために、自分自身を前借りする。その結果、人生を豊かにしたり、自分自身の価値が上がったりという価値があるからです。

では、借金してパチンコ・パチスロをしても勝てばいいのかということになりますが、実はそうではありません。勝ち続ければ問題はありませんが、そうはならないと思います。勝った時は、それなりに満足できますし、勝ったお金で得るものもあるでしょう。しかし負けた時に失うものを考えて、勝った時の事と天秤にかけてみてください。どちらが重いか、あなたが一番知っているはずです。

当然のようにギャンブルが原因の借金が増えてくれば、何も価値がないものに自分自身を提供し続けなければいけません。それが大きくなればなるほど、自分自身に対しての希望や期待はなくなっていきます。何も引き換えるものがないのに、自分の時間や価値やストレスや疲労に耐える自分を、提供していくことになります。

こんな毎日が続けば、毎日は辛く苦しいものになります。辛く苦しい毎日に、あなたの心は支配されるでしょう。

幸運は誰でも平等にそれを得ることができ、しかも無限に存在しています。「なぜ自分はこんなに運がないのか」「何かいいことないかな」「なぜ自分はこんなに不幸なのか」というのは、大抵の場合すぐそばにある幸運に気づいていないだけです。辛く苦しい毎日に支配された心は、そばにある幸運に気づくことはできません。気づいてもらえない幸運は、誰かに掴んでもらうために、あなたのそばから離れていきます。

これが、借金をしてパチンコ・パチスロを打ってはいけない理由です。

借金をしてパチンコ・パチスロを打つということは、本来はあなたが掴むべき幸運を自ら手放しているということです。

 

 

まとめ

 

パチンコ・パチスロ依存症で、借金をして打ってしまっているならば、今からでも遅くはありませんのですぐにやめてください。あなたから確実に、夢や希望や、充実した毎日、そして何よりも自分自身を奪っていきます。

今、現在パチンコ・パチスロ依存症を克服するために、日々努力されている方の中には借金を返済されている方も多いと思います。生きている中で今、あなた自身が思っている苦しさの正体はこの記事で書いてあることです。しかしやってしまったこと、過ぎてしまったことは変えることができないので、借金してしまった自分を悔やんだり後悔してするっことはやめて下さい。この先の未来はあなたが作り上げることができます。考え方や行動で希望や期待を持つことができるのです。このことは過去の記事で書いているので、ぜひ読んでほしいと思います。

↓ ↓

パチンコ・パチスロ依存症の方が、その苦しみから少しでも早く解放されて、幸せな毎日や楽しい毎日を過ごせる日々が送ることができることを祈っています。

 

 

 

 

ランキング参加中です

↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

-Another Abes' room (エッセイ), パチ依存症克服

Copyright© パチンコ・パチスロ依存症を自分ひとりで克服する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.