パチ依存症克服

【朗報】ネガティブは治す必要がなかった!ネガティブ思考を幸せに繋げる4つの方法

投稿日:

常にネガティブ思考になり、そんな自分がイヤになるという悩みをよく見かけます。一度ネガティブな思考に陥るとそこから抜け出せずに苦しい思いをすることも珍しくありません。しかしネガティブ思考でも、少しだけ考え方を変化させると幸せになる方法があります。

実のところはポジティブ思考ばかりになると幸せになるどころか不幸になる可能性が高いというのが、ある研究結果で明らかになりました。

しかも本来は、ほとんどの人がネガティブであり、根本的にポジティブな人は少ないということもわかっています。

特に社会的に成功を収めている人や幸せを感じている人は基本的にネガティブであり、怖がりという人が、かなり多いです。

ではネガティブ思考やマイナス思考で悩んでいる人とネガティブ思考なのに、社会的成功をおさめたり幸福感を感じている人は何が違うのかとネガティブ思考を幸せに繋げる方法を書いてみます。

ネガティブ思考とポジティブ思考の違い

自らがネガティブ思考やマイナス思考になると、気分が落ち込んだり、暗くなったりします。そんな自分に嫌気が差し「ポジティブ思考になりたい」と考える方は多いですが、何を考えても全てがネガティブにとらえてしまい、なかなかポジティブにはなれないという方がほとんどなはずです。

しかし周りに目を向けると、何をやるにも前向きにとらえてポジティブに行動する方もたくさんいます。

そんなポジティブ思考の人とネガティブ思考の違いはなんなのでしょうか。

なぜポジティブ思考の人はポジティブなのか?

なぜ、ポジティブ思考の人は常にポジティブ思考でいられるのかは、簡単に言うとその事柄を「考えていない」ということになります。考えていないので不測の事態やリスクを想定しないため、ネガティブになることが無いのです。

または自分の中にあるネガティブな要素を無理やり押さえ込み、ポジティブを演じているだけです。この場合は限界が来ると逆に必要以上に落ち込んだりマイナス思考になりネガティブになります。

なぜポジティブな人はどんな時でもポジティブなのか

なぜ自分はいつもネガティブ思考なのか?

ではなぜ自分はいつもネガティブ思考で悩んでいるのか考えてみましょう。

よくよく考えてみると「ネガティブ思考で悩んでいる」のではなく、ネガティブな考えや感情が頭に浮かんだ時に答えを探し、その答えが見つからなくて悩んでいるのです。

ネガティブ思考で悩んでいるのではありません。

なぜ自分はいつでもネガティブなのか

実は一日の80%はネガティブ思考

実は睡眠時間を除いて、1日の80%はネガティブな思考になっているのが、ある研究結果で明らかになっています。

本人が自覚していなくても無意識の内にネガティブな考えは持っているのです。これは本能的なもので、生き延びるために遺伝子にしっかりと刻まれています。

例えば外を歩くだけでも、車に惹かれないように歩道を歩き危険を避けるのは「車に引かれるかもしれない」というネガティブな思考があるからです。料理をするときに刃物を使うときには指を切らないように慎重に刃物は扱います。

これらのように人間が生きるうえで、自分にとって危険や不利益を避ける思考は本能としてあるもので必ず必要なものなのです。

一日の80%はネガティブ

人間の進歩はネガティブ思考から

私達が日々安心・安全・便利に暮らすために様々なものが、進化して来たり生まれてきています。そして人間の進歩や進化は全てネガティブ思考から始まっていることです。

ということはネガティブな思考や感情は、進歩したり幸せに生きるためには必要な事ということになります。進歩や幸せにネガティブが必要ということが、どういうことなのか少しだけ考えてみましょう。

ネガティブ感情はより良く生きるための幸せの要素

大昔、私達の祖先は冬の寒さや夏の暑さをしのぐために家を作りました。それは寒さへの不安や暑さの苦しみというネガティブな思考や感情がそうさせたのです。生きるための本能といえるでしょう。

身近なものでいえば冷蔵庫もそうです。食品を保存しなければ食べ物がなくなってしまうかもしれないというネガティブな感情が、出来るだけ長く食品を保存するためのものを作ろうというのがきっかけになっています。

もっといえば携帯電話もそうです。携帯電話やスマートフォンは「孤独」というネガティブな感情から私達を救ってくれます。いつでもLINEやTwitterなどのSNSで人と繋がれますし電話すれば離れている大切な人の声を聞くことが出来るのです。

このようにネガティブな要素から始まるものが、あらゆるものを作り出し、安心・安全・便利に人々を導き、私達を幸せに導いてくれます。

ネガティブは幸せの要素

幸せに関する驚きのネガティブの研究結果

人が幸せに生きるためにはポジティブな感情で毎日を過ごすことが、効果的と思われていますが、最近では様々な心理学の研究でネガティブ感情のほうが幸福に繋がるということがわかっています。

一時、「ポジティブシンキング」として全てを前向きにとらえる考え方やメンタルテクニックが流行りましたが、研究や統計でポジティブだけでは幸福度が下がるということがわかったのです。

2012年にフロリダ大学で行われた研究ではネガティブな感情が起きた時に無理にポジティブな感情に書き換えた被験者の中に、ストレスを感じる物質「コルチゾール」の値が増えた研究結果になしました。ネガティブ感情をポジティブ感情に変換するのが逆にストレスになり毎日の生活で逆に幸福度が下がってしまいました。

他にはカリフォルニア大学で集めた統計データを分析したところ、ポジティブな人はネガティブな人に比べて寿命が短いという結果になっています。これは健康や生活、事故など様々なリスクを楽観視することにより逆にネガティブな現実が起こってしまうということのようです。

このようにきちんとした研究やデータからもネガティブ感情がマイナスな影響ばかりではないことを示しています。

ネガティブが幸せに必要な要素なのは研究結果をみても明らか

ほぼ全ての日本人はネガティブ

脳科学的にいうと私達日本人の多くは「ネガティブ」です。つまり生まれながらのネガティブということになります。

これには「モノアミン酸化酵素」という脳にある物質の活性が関わっています。

私達の脳には幸福を感じる物質「ドーパミン」「セロトニン」が分泌されていますが、これを「酸化」つまり、お掃除する役目がこのモノアミン酸化酵素です。

日本人はモノアミン酸化酵素の活性が他の国の人に比べて高いということがわかっています。

ドーパミンやセロトニンが掃除されてしまうと不安を感じるようになりますが、日本という島国で災害の多い国で生き残ってきた祖先が私達ですので、不安になりあらゆるリスクを想定して生き残ってきた結果とも言えるでしょう。

ということはあなただけではなく、周りのほとんどの人がネガティブ感情を持つ人ということです。

ネガティブな感情や思考でも、人生に差が出たり、幸福度を感じるか感じないかはこの「ネガティブ」な感情や思考をどのようにとらえるかで変わるということになります。

日本人の多くはネガティブ

ネガティブ思考を幸せにつなげるために

では「ネガティブ」な感情や思考が頭を駆け巡り、迷ってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。同じネガティブな感情を持つのに幸福な人とそうでは無い人にはどのような違いがあるのでしょうか。

ネガティブな感情になった時にすること

ネガティブな感情や考えが頭に浮かんだ時にどうするかは大きく分けて3つのパターンがあります。

一つはネガティブになった時にそれをポジティブに変換するパターンです。ポジティブシンキングはこのパターンになります。

次にネガティブな感情や考えが頭から離れなくなり答えを見つけようと堂々巡りになるパターンです。おそらくこれを読んでいる方の多くはこのパターンでしょう。

最後にネガティブな感情や考えが浮かんだ時に、すぐに対処する行動をとったり、その時点で解決できなければ別な行動を取るパターンです。多くの社会的成功者や幸福度が高い人はほぼこのパターンになります。

そうです、ネガティブ思考を幸せに繋げる鍵は、考えて答えを導き出そうとするのではなく、「行動」するということだったのです。

ネガティブになった時には行動する

パチンコ依存症のネガティブ感情を自分の幸せに生かす

パチンコ依存症・パチスロ依存症を克服している最中には、禁パチの苦しみやスリップの苦しみ、周りから理解されない辛さや借金で生活が苦しいなどの苦しみでネガティブな状態になることが多くなります。

このネガティブな状態が長く続けば、依存症克服には大きくマイナスです。しかしネガティブな状態が多いのですから、これを生かすことができれば克服を大きく進めることができるのです。

ネガティブ感情や思考は「行動」することが幸せに繋がることを前記しました。ということはパチンコ依存症を克服している時にネガティブになったら、少しでも良いので行動するようにするようにします。

例えば、借金のせいで生活が苦しくこのまま苦しい状態が続くような気になりネガティブになったらすぐにそれを解消するために行動する「クセ」をつければよいのです。

この「クセ」というのはつまり「習慣化」ということです。

これも前記したとおり社会的に成功した人や幸福度が高い人もネガティブな感情はもっています。しかしネガティブになった時に「行動」することで、成功に近づいたり幸せになっています。

パチンコ依存症の方はこのチャンスが普通の人より多いと言えるのです。その行動が正しいとか間違っているのかということではありません。ネガティブになった時に「行動」できるかできないかだけです。

ネガティブな人は幸福になるチャンスが多い

ネガティブ状態を無理にポジティブに変換しない

このようにネガティブな感情や状態、思考はなんら問題ないことがわかっていただけたはずです。むしろ最近の多くの脳科学の研究でネガティブをポジティブにすることは逆効果ということがわかっています。

となれば、もうネガティブな自分で悩む必要はありません。ネガティブなあなたはそのままネガティブで良いということです。むしろポジティブな状態とネガティブな状態をありのままの自分として受け入れるということが大切になってきます。

ネガティブは、より良い自分になるためのきっかけであり、スパイスです。たくさんネガティブなあなたは、そのチャンスをたくさん持っています。

ネガティブな感情を無理に変換しない

ネガティブ思考を幸せに繋げる4つの方法

では自分が「ネガティブ」になった時、具体的にどのようにすればよいのでしょうか。いままでと同じくネガティブ状態になった時に苦しんでいては、この先も何も変わらないでしょう。むしろあなたの苦しみは大きくなります。

そこでネガティブになった時に簡単に実践できる4つの方法を紹介します。今すぐ実践してパチンコ依存症・パチスロ依存症克服やより良い自分になるために参考にして下さい。

ネガティブに罪の意識を持たない

ここまでを読めば、ネガティブ感情や思考がなんら問題がなく、成功やし幸せにはむしろ必要なことがわかっていただけたはずです。

なのでネガティブになった時には、自分を責めたり、罪の意識は持たないで下さい。そうすると一番大事な「行動」する機会を奪ってしまうことになります。

改めて書きますが、ネガティブな感情や考え、状態は、むしろ成功や幸せの大事なステップなのです。

これを意識するだけでもあなたは大きく変われるでしょう。

ネガティブに罪の意識を持たないことが重要

ネガティブな言葉を口にしない・聞かない

これも同じく大事な「行動」の機会を奪うきっかけになりますので避けて下さい。ネガティブな言葉を口にすると無意識に暗示をかけてしまいます。デメリットがあることや、マイナスなことには行動することが出来ないように脳は指令をだしてしまいます。こうならないためにも出来るだけネガティブな言葉を発しないようにすることが必要です。同様の理由でネガティブな言葉を繰り返し使うような人とは、距離をおいたりその都度対処して聞かないようにすることが必要です。

ネガティブなことを口にすると行動ができなくなる

行動するクセをつける

どんなことも頭で考えているだけでは状況は変わりません。自分や状況を変えるのは全て「行動」です。行動しなければたとえそれが間違っていたとしてもそれに気づくことができません。行動して駄目な部分をまた行動で改善するというクセをつけましょう。

これを習慣化できればあなたの幸せ経験値はどんどんあがります。また行動することにより嫌な気持ちにならないで済むのです。

どんな小さなことでもいいのでネガティブ感情やネガティブ思考になったらすぐに行動を心がけその行動を連鎖させていくクセをつけましょう。

最初は違和感があったり、すぐに立ち止まったりするかもしれませんが、人間は何かを始めてすぐに変わるわけではありません。地味ですが1歩ずつ少しずつ変えていき習慣化して下さい。

この一歩に気がつくと、必ずあなたを幸せに導いてくれるはずです。

行動する習慣はネガティブの苦しみから救ってくれる

ネガティブな要素を紙に書きだす

ネガティブな状態から抜け出せないのは、答えを導き出せないからです。こういう時は、今あるネガティブな要素が複雑すぎる場合があります。行動するにもどう動けばよいのかわからず、立ち止まってしまうこともあるでしょう。

こんな時は、ネガティブな要素を思いつくままに全て紙に書き出すと問題が明確化し、どう行動するかの指針になります。

また書き出すと頭の中では複雑に絡み合っていることも意外と単純なこと、ということに気付くはずです。

あなたの頭の中にあるたくさんのネガティブな要素は紙に書き出すことにより、すべてが成功や幸せにむけて行動する指針となるでしょう。

詳しい書き方はコチラの記事に書いていますので参考にして下さい↓

まとめ

最近「ネガティブなツィートでごめんなさい」というtwitterを目にしたり、「ネガティブな自分がイヤなんです。どうやったらポジティブになれるんですか?」という相談をうけることが多かったのでこの記事を書きました。

人間は本来、全てがポジティブだと生き残ることが出来ません。ほぼ全ての人がネガティブなのです。

ただ改めてポジティブとネガティブについて調べてみると、成功している人や幸福を感じている人との差が「行動」とその「継続」ということが、脳科学的にも統計的にもわかりました。

なので今現在「ネガティブ」で苦しんでいる人は苦しむ必要がありません。日常のちょっとした4つの方法をとるだけで大きく前進することができます。

これを実践してすぐに不安や苦しみがなくなるわけではありませんが、継続することにより確実に変化するのは間違いないので安心して下さい。

気がついたら「あれ?そういえば苦しんだり悩んだりせずに気持ちの良い気分だな」「ポジティブな状態だな」となるはずです。

大丈夫です。そのままのあなたで良いんですよ。その方が幸せに近くなります。

 

行動するにしても「何をやっても続かない」「継続するのが苦手」という方はこの記事で解決できます↓

ランキング参加中です!応援宜しくお願い致します。

↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

-パチ依存症克服

Copyright© パチンコ・パチスロ依存症を自分ひとりで克服する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.